晴れ、時々写真

海を見ながら〜この章のおわりに〜


地球上のすべての生き物は、海からやってきたとか。
人も猫も、この海から生命を授かり、
共に今を生きていることを思うと少し親近感を覚える。

冬、海辺の猫達を撮った。その中に、片目に傷を負った猫が
いたことを、あとで知る。
背を丸め威嚇的な視線で写っている。
野生の目を見たような気がした。

短い期間の猫との出会いだったが、様々な感情が撮る方に残る。
それは、おそらく彼らが人に飼われずに生きているということによるのだろう。
何もかも猫次第、守られもせず、守る物はいのち、そのものだ。
シンプルな生き方になにか強い生命力を感じた。

猫達の小さな集落に、これから先どんなことがまちうけているのだろう。
機会をつくり、また撮影に行きたいと思っている。

海と猫もこの写真で終わり。次回また。

f0163764_1629726.jpg

心象風景写真←お気に入りいただけましたら、よろしく!
[PR]
by shousonn | 2008-07-01 16:28 | ・海と猫 | Comments(2)
Commented by pinoco at 2008-06-27 23:47 x
猫たちは、きっとその先にあるであろう海を見つめながら何を思ってるのでしょうね。なんだか猫たちのロマンを感じます。とても印象的な写真ですね。
Commented by shousonn at 2008-06-28 18:51 x
猫たちのロマン、ありがとうございます。写真をとることで、その対象が身近に感じられるのは何故なのでしょうか。この雨の中、海辺の猫達はどうしているのかと、猫好きでもない私が、ふっと気になることがあります。不思議ですね。